モデル体型ボディメイク

TOPSTYLE PERSONAL TRAINING

モデルのような美スタイル作り

個々の骨格の差はあるとはいえ、生まれつき…と諦める必要はありません。

モデルのような美しいボディラインは筋力トレーニングで作り上げることが出来ます。


モデル体型

くびれ・ウエストライン

女性なら誰でも憧れるくびれ。
実はくびれの出来やすさには元々の骨格により個人差があります。

例えば肋骨と骨盤の距離が狭い方はくびれができにくい特徴があります。

くびれといえば腹筋のサイド(腹斜筋)を鍛えるトレーニングが有名ですが、この場合は腹斜筋にボリュームがでてよりくびれがなくなっていくこともあります。

またウェスト周りには骨盤の角度も関係してきます。

簡単にいえば骨盤が後傾だといわゆる寸胴体型になりやすく、骨盤が前傾だと腰に曲線が出来やすいです。

あるいはヒップやバスト(上半身)にボリュームを持たせる事でウェストを細く見せるなど、それもボディメイクです。

同じくびれづくりでも個々の骨格に合わせて骨盤調整や筋力トレーニングを組み合わせていきます。

ヒップアップ

小さくまとまったヒップ

ヒップアップ

小さく上にきゅっと上がったヒップを作るには、使われず緩んでしまったヒップの筋肉を鍛えることが大事です。

それと同時にヒップの柔軟性を上げること、ヒップが緩んでしまった原因の改善も必要です。

例えば骨盤の後傾や太もも裏の筋肉の収縮、股関節の柔軟性などが関係している場合が多いです。

ベースが整っていれば、ヒップは歩行時などにも使われるので極端に垂れることはありません。

逆に座る・寝る・立つなど日常の大半では使われない事の多い筋肉でもあります。

その分、使える時にしっかり使っておく事はとても大切です。

ヒップのトレーニングももちろん重要ですが、ボディメイク効果を上げる為、綺麗なヒップを長く保つ為にも日常で使えるヒップ(その為のベース)を作る事も大切です。

TOPSTYLEではそこに着目して柔軟性の向上や正しい歩き方の指導などにも力を入れています。
ボリュームのあるセクシーヒップ

ヒップトレーニング

女性は脂肪を落とす事ばかりに捕らわれがちですが、+することが必要な場合もあります。

その一つが外人のようなボリュームのあるヒップです。

例えばヒップのボリュームを出すには支える筋肉(大殿筋・中殿筋など)を強く大きくしていき、さらにある程度の脂肪をつける事も必要です。

そしてその為には「しっかり食べる事」も必要になってきます。

この場合は自重では難しくダンベルやバーベル等の高負荷が必要になります。

TOPSTYLEの場合は、ダンベルの購入やレンタルジムの利用をおすすめします。

日常ではなかなか使われないヒップだからこそ、正しいトレーニングと食事が鍵を握ります。

PageTop