猫背・O脚・内股改善の為のトレーニング

TOPSTYLE PERSONAL TRAINING

姿勢・ボディライン改善

生まれつきではありません

生まれつきと思っているボディラインの殆どは、何気なく行っている「日常の癖」が積み重なってそのまま固定されてしまっていることが殆どです。

そしてそれを固定しているのは筋肉、つまり骨の長さこそ変えられませんが、筋肉の向きを変える事で改善できます。

しかしストレッチや整体で伸ばしただけでは一時的には改善されますがすぐに元に戻ってしまいます。
戻らないためには弛緩した筋肉を強化していく事が大切です。

姿勢改善

猫背と姿勢の悪さ

原因は体全体のアンバランス

猫背は肩・胸・背中まわりの筋肉の弛緩と収縮のアンバランスに原因があります。
収縮した筋肉はリリースやコンディショニングでしっかり伸ばし、弛緩した筋肉は筋力トレーニングで鍛えていきます。

そもそも猫背になる原因は反り腰や腹筋の弱さ、骨盤前傾・後傾が関係している事も多いです。

筋肉は一つ一つが独立しているのではなく、全ては連動して動きまたバランスを取るために依存しあっています。
下半身の傾きを上半身でバランスを取っている結果の事もあります。
上半身だけでなく全体を見通したアプローチが必要です。

反り腰・出っ尻

骨盤からリセットを

反り腰・出っ尻は骨盤の傾きと腰・腹部の筋バランスが崩れている事に原因があります。
特に産後・出産経験のある女性や、ハイヒールを履く若い女性に大変多く見受けられます。

殆どの方がこのアンバランスの状態で固まってしまっているので、手技やストレッチを組み合わせてバランスを修正、トレーニングで弱い部分を強化していきます。

勿論骨盤も骨ですので、正しく筋肉で固定していく事で傾きの調整は可能です。

また、反り腰・出っ尻の特徴を持った方の中には次の「O脚内股」になっている方も多いです。


O脚・内股

下半身太りの根本原因

O脚・内股は女性の場合、太もも骨の内旋と股関節の硬さに原因がある事が殆どです。
これも生まれつきではなく、座り方・歩き方・足を組む癖などから生じています。

同時に内ももの脂肪が気になったり、ペタンコで横に広いヒップが特徴として出ている方も多いです。

内股の場合は私の経験上、殆どの女性に自覚がありません。しかしヒップの形には自覚があるのでヒップトレーニングを必死に行っている方も多いです。

O脚・内股は股関節に柔軟性がない為にヒップも使われにくく、足の外側が張り出しやすかったり前腿が張っている方もいらっしゃいます。

まずは収縮した筋肉や股関節の柔軟性を取りもどすこと、そして弛緩したヒップや内ももの強化が必要になります。

PageTop