パーソナルトレーニングで下半身痩せ

TOPSTYLE PERSONAL TRAINING

下半身痩せ

トレーニングが鍵を握る

女性のお悩みに多い下半身痩せ。
食事制限だけでは落ちにくいのが現実です。

また、下半身痩せの場合、脂肪だけでなく筋肉のつき方や関節の柔軟性、骨の角度から考えていく必要があります。

下半身痩せ

もたつくヒップまわり

大きなヒップを小さくしたい

ヒップ自体を小さくしていきたいという場合は基礎代謝の向上・食事の調整によりまずは全体の脂肪を落としていく必要があります。

ただし、脂肪はヒップの丸みを作るという重要な役割もしています。

そのままヒップの脂肪を落としていくと本来のヒップの形があらわになり、丸みを失いペタンと垂れたヒップに…。

そうならない為に、土台となる筋肉で丸みを作りながらヒップのボリュームを落としていきます。



ヒップが二つ?
  ヒップ下の脂肪とたるみ


脂肪は全体的について全体的に落ちていく性質があります。しかし動きの悪い関節回りに、より脂肪が溜りやすく落ちにくいという性質もあります。

例えばヒップ下の余分な脂肪など部分的なダイエットは、股関節の柔軟性や骨盤の前傾・後傾が大きく関係しています。

「垂れた余分な部分を鍛える」これでは根本の解決にはなりません。

骨盤の傾きと股関節〜足の柔軟性を整えることで、形の整った丸く小さなヒップを作ります。

太もも瘦せ

ランジ

脂肪だけが原因ではない

太ももの太さは脂肪だけでなく余剰な筋肉が原因となっている事がよくあります。

何故なら、唯一、体重という負荷をかけられながら日常的に使われている筋肉だからです。

前腿だけが張り出している、付け根が太い、そういう方は筋肉の可能性が高いです。

その場合は使いすぎる部分と同時に使われていない部分のアンバランスを整えるトレーニングが必要になります。

最近多い、サイドに張り出した太ももなども同じです。

「足痩せ」と一言で言っても個々で原因が異なるので正しいトレーニングを行わなければ逆効果になるので注意が必要です。


足痩せにスクワット?

脂肪は全体的に落ちていく性質があります。
なので足に筋肉をつけたからといって足痩せが出来るわけではありません。

先に述べたように、太ももの太さは脂肪だけでなく筋肉のアンバランスが原因であることもあります。

なので闇雲にスクワットなどを取り入れても余計に太さを助長させてしまうこともあるのです。

勿論、スクワットが効果を出すタイプの方もいらっしゃいます。

また足の筋肉は体の中でも大きな筋肉ですので、基礎代謝向上につながりやすく正しい位置につける事で見た目にも引き締まった足が作れます。

TOPSTYLEでは個々の筋バランスを考慮しながらトレーニングを選んで、その方に必要なアプローチで足痩せプログラムを組んでいきます。

PageTop