パーソナルトレーニングで集中ダイエット

TOPSTYLE PERSONAL TRAINING

全体的なサイズダウン

独自の集中ダイエットプログラム

脂肪を落とすには食事の調整と筋力トレーニングの「連動」が鍵を握ります。

筋力トレーニングで基礎代謝を上げながら、トレーニングに合わせて食事をその都度調整していく。

つまりそれぞれをただ平行して行うよりも、食事ありきのトレーニング、トレーニングありきの食事というように、お互いに合わせたその都度の微調整を行う事で、より早く効率的に脂肪を落としていけます。

集中ダイエット

フードコントロール

ダイエット食

食事だけではダメ

脂肪を落とすには食事の調整は必要不可欠です。

ただし食事を制限した時に一番最初に落ちるのは筋肉であり残念ながら脂肪ではありません。

食事だけのダイエットは、「体重は落ちたけど、見た目の変化がない」という結果に終わる事が多いという理由もここにあります。

また、糖質のカットや偏った食事制限は長く続ければ続けるほど代謝を落とし、痩せない体を作ってしまいます。

「水を飲んだだけで太る」「食べてないのに痩せない」という女性はすでにこの状態にあるといえます。


正しい食事
  ×トレーニングの「連動」

ここで重要になってくるのは生理学的根拠に基づいた食事の調整と効率良く基礎代謝を上げるトレーニング、そして双方の連動です。

特に、食事もトレーニングも女性の体に合わせたプログラムですので、私たち女性のなりたい体を作る事が出来ます。

TOPSYLEでは痩せる為の栄養素・コツ・タイミングを重視したフードコントロールを指導しています。

食事についてはこちら(TOPSTYLEの食事指導)もご覧ください。

基礎代謝を上げるトレーニング

基礎代謝

何故、筋トレなのか?

有酸素運動は取り入れやすく脂肪を直接燃焼させる効果もありますが、実は消費カロリーは1時間走ってもたった100kcal程度。

ところが、脂肪1s燃やすのには7200kcalの消費が必要です。

毎日何時間も走る事が出来れば良いですが、大きく減量したいときは効率が悪すぎますね。

さらに女性の多くは(出産経験のある女性は特に)男性に比べて筋肉量(=基礎代謝)が少ないため、効率良く脂肪燃焼が行われにくいというのがダイエットの壁を作ります。

そこでまず基礎代謝を上げるレジスタンストレーニングを行う事で、通勤の時・家事をしている時…日常でいつでも脂肪を燃焼させてくれるような痩せ体質を作り脂肪燃焼率を高めていきます。


「どこにつけるか」が大事

一般的には、代謝を上げやすい背中・ヒップ・太ももなどの大きな筋肉を鍛えていきましょうと言われています。

勿論これは正解ですが、「見た目」を考慮すると話は変わってきます。

例えば、太もものトレーニングは脚を太くする原因にもなるので付ける位置や量も重要になってきます(参照 下半身痩せ)。

TOPSTYLEでは女性らしいボディラインを作るという事を常に頭に置きながらボディバランスに主眼を置いてトレーニングを組んでいきます。

PageTop